2011-06-06 18:17:12
Close to me ! ⑳
   アラブ見たり聴いたり④⑤⑥

   ブルカ④:地域によってはブイブイとも言うらしい。
   アラブの女性の目だけを出した服装。強烈な砂漠の太陽から肌を守る重要な手段。更に宗派によって幾分異なるが、亭主(家族)以外素顔を見せない為との事。
   美人の奥さん・娘さんが他民族・他部族に見初められ、略奪の対象にならぬ為だとか。
   でもヨーロッパ添乗中何度となくアラブ人家族に遭遇しましたが、さすがに出入国係官には総てを見せてました。その美しいことこの上なし。こりゃ争いが起きるわって納得したもんです。

   左手不浄⑤:ケニアは70%がイスラム教徒です。
   街中の公衆便所(基本的にかなり少ない)で用を足した時、紙がない・左手に空き缶に水を張った物有り。賢明な皆さんならもうお分かりだと思いますが、左手指を水に漬け、手動式ウォシュレットを致します。左手不浄はこの為でしょう。
   しかしお尻には紙で擦る和式よりも優しく、ある意味清潔です。水洗設備の望めない砂漠に於いて、大事な水を無駄使いせぬ生活の知恵なのです。

   飲酒禁止⑥:昨年6月エジプト旅行添乗致しました。摂氏45度。数年前8月には摂氏54度となりました。この状態で一番気をつけなきゃいけないのは、脱水症状に陥らない事。
   早目早目に水分をマメに摂る必要があります。日中は特に乾燥と高温の為、汗が流れ落ちない。汗をかいている実感余り無し。(アブシンベル・アスワン等の南部砂漠地帯はそれこそ1000年以上雨らしきもの降ってないとか。ここでは“いい天気ですね”は、曇り・雨の事でしょう。天気予報の必要の無い所です。)
   この状態でアルコール飲料を飲むと、美味いことこの上なしですが、血中アルコール濃度が上がり、大変危険な状態になります。
   イスラム教義で酒を許さないのは、実は信者を守る為の優しさなのです。
   小西淑郎     
| コメント(0) | トラックバック(0) | この記事を編集する |
2011-06-04 10:10:06
Close to me ! ⑲
   アラブ見たり聴いたり。③

   ③一夫多妻:文字通り複数の妻を得ること、法律で認めております。
   なんと言う羨ましい・何と言うスケベーな。千夜一夜・ハーレム等々世の男性の羨望を集めておりますが、現実は結構厳しいものがあります。総てを知っているわけでは有りませんが、凡そ4人までが定員だそうです。

   そもそもの始まりは、過酷な砂漠で生きる為の他部族・他民族攻撃・殺戮・略奪に発しておるそうです。女・子供以外皆殺しとなります。報復の連鎖を防ぐ為、略奪した女・子供を家族として迎えるのです。

   絶対的多数の女性を養うが為のものでした。近親での婚姻を防ぎ、混血により種族を守る必要な営みだったのでしょう。
   今はそういう事ではないのですが、当時の名残と言うことでしょう。
   複数の妻を持っている人は経済的に恵まれ十分養う力のある人達だそうですよ。

   そういえば日本でも、江戸時代までは武家の跡取りの為、複数の奥方を持っていました。   徳川将軍家はその際たるものでしたね。

   現在も法律的には認められておりませんが、腹の出たハゲ・チビ・デブな小父さんが愛人を2人・3人持っていると豪語している人があります。
   とても、もてそうでない人が多いのは、やはり経済力?男子としてのステータス???

   世の女性方、“そんなことないわよ”って言ってくれますか?

   小西淑郎
| コメント(0) | トラックバック(0) | この記事を編集する |
2011-06-03 11:56:12
Close to me ! ⑱
   アラブ見たり聴いたり。②

   ②インシャーラ(神の思し召し):“コーランを信ぜよ!然らずんば我が鞭を受けよ”イスラム教に於ける有名な言葉です。この厳格な教義は、その日常に於ける過酷な自然環境(砂漠)によるものと思われます。
   永年にわたる子孫の繁栄・存続の為の生きる指針と思えます。

   アラブ諸国(アラブ人・イランのみペルシャ人)の人々は代々遊牧を生業としてきた遊牧民です。ここで我々農耕民族との違いを認識しなくてはなりません。“努力せよ、されば報われん”と言う発想は彼らには有りません。手間を掛け・努力すればするほど豊かな収穫が得られる農業と如何に努力して手間暇かけて世話しても疫病の流行・他部族の侵略・略奪により一瞬にして大事なものを失う遊牧民の歴史の積み重ね。その受け継がれたDNAは違って当たり前です。

   突然の不幸を避ける唯一の方法は、偉大なる力を持った“神”に縋り、教えに従うことなのではと思います。インシャーラ、例え好ましくない結果になろうとも、そのことも含め神の思し召しなのです。絶対的な信仰の力です。

   限られたアラブ人友人から聞いた言葉に幾分かの推測も交えています。真実はこれを読まれたご自身で追求下さい。一つの考え・参考程度にしていただければ幸甚です。
   
   小西淑郎
| コメント(0) | トラックバック(0) | この記事を編集する |
2011-06-02 19:39:35
Close to me ! ⑰
   アラブ見たり聴いたり。①

   現地でじかに聞いた事なので、いつも正しいとは思っていません。しかしマスコミの一面的な捉え方よりは正確だと思います。

   アルカイダ最高指導者ウ(オ)サマ・ビンラディンが殺害されました。世界を戦慄させた9・11の張本人です。アルカイダ・タリバン・イスラム教・アラブ諸国とくれば、好戦的・野蛮・命知らず(自爆テロ)・一夫多妻etc.とろくなことに結びつかないのは残念な事です。

   仕事上、彼らと接触することが多いので、敢えて彼らの名誉の為、以下に知る範囲で誤解を解きたいと思います。
   まず、殆どの人は真面目な・心優しい・敬虔な宗教人です。

   ①タリバン・アルカイダに代表される自爆テロ。彼らにとっては宗教戦争(聖戦)なのであります。死ぬことによって幸せに成れると信じてるのです。それほど日常は過酷であり、報われたり・救われる事が望めない毎日です。
   更に驚くべき事に、自爆テロの発想・ヒント・参考は第二次世界大戦(太平洋戦争)に於ける日本軍“神風特攻隊”だそうです。彼らアラブ諸国の人々は、日本人は優秀であるということだけでなく、家族・恋人・国民を守る為、命を差し出した日本の若人を尊敬しているそうです。日本がアメリカと深く関わっているにも拘らず、日本・日本人に友好的なのはその為です。

   ②インシャーラ
   ③一夫多妻
   ④ブルカ
   ⑤左手不浄
   ⑥飲酒禁止

   ②以降は後日に譲ります。
   幾分かの推測も含めてます。悪しからず。訂正有れば提示下さい。

   小西淑郎
| コメント(0) | トラックバック(0) | この記事を編集する |
2011-06-01 10:48:20
Close to me ! ⑯
   失敗を恐れず進んでもらいたい。転んでも致命的なダメージを受けぬよう。転び方を知って上手に転ぶ。受身をしっかりする。これらのことを心得た上で転びなさい。沢山失敗する事で多くを学んで欲しい。“転ばぬ先の杖”はその為のものです。決して失敗しない為のものでは有りません。

   細心で且つ大胆であれ。小心で粗放とは明らかに違うこと認識して欲しい。
   快挙と暴挙の違いとは?自己責任・自己完結の覚悟を持って準備し、一たび行動に移れば、将に“威風堂々”と進んでほしい。
   無理・無茶と冒険は違うんだよ。でも、失敗を恐れる余り内向きになり、チャレンジしない“負け犬”になっては駄目だ。なんとなれば“負け犬とは戦って敗れた犬ではない。戦わずして逃げた犬のことである”。

   期待してるよ。誤った英雄主義でなく、正しいBrave Heart を持った君たちの未来・日本の未来を。     小西淑郎
| コメント(0) | トラックバック(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4